Technology
development

特許・技術開発

当社は、成田国際空港開港当初から約40年、航空機給油施設の運用や保守点検等の業務に携わってきました。この経験を活かし、航空燃料の安定輸送のため、サービスの向上や効率化を実現する機器や装置の開発にも積極的に取り組んで来ました。ここではさまざまな分野で役立つ技術開発品をご紹介します。

2019-09-12
カテゴリトップ>アイテムから探す>トップス>アウター・ジャケット
★SALE 30%OFF★ HELLER'S CAFE ヘラーズカフェ HC-226 1920's Men's Work & Sports "Yard" Coat ヤードコート
HELLER'S CAFE ヘラーズカフェ

●カラー BLACK

●ウォームアップコートとしてスポーツで着用されるアウターウェアは、
 19世紀の紳士が着る防寒着のディテールに倣い、
 次第に必要に迫られて機能性が進化しています。

 このコートもワークコートとして製造されたものですが、
 ウエスト部分のフック、ウールのライナー、
 ボタン掛けのフロントなど、その後スポーツコートとして
 着用されるディテールを踏襲しています。

 シカゴにあった「Northwestern Garment Factory」が製作したもの。
 ノースウェスタンガーメントファクトリーは、
 1910年代はシカゴの「ストックヤード」で食肉業者の着用する
 「ブッチャーコート」を手掛けていましたが、
  その後、手術着などの医療関係のユニフォームメーカーとなっています。

 シカゴは全米のカウボーイが育てた肉牛の集積地であり、
 ストックヤードは19世紀から食肉産業の一大拠点としてあった。
 (1865年に開設、1971年閉鎖)運ばれた牛はストックヤードで保管、
 解体され、食肉として再び全米へと運ばれました。
 こういう経緯から、このコートはスポーツウェアとしてではなく
 食肉産業の関係者が着用した可能性もあります。
 ヘラーズカフェではこのスペシャルコートを
 フットボールと食肉工場の「ヤード」を共通語として
 「ヤードコート」と命名。

「HELLER'S CAFE ヘラーズカフェ」
ヴィンテージクロージングの観点からみたアメリカの
歴史を誰よりも知るラリー・マッコイン氏と、19世紀のアメリカの
ヴィンテージクロージングのプロダクツを研究する
ウエアハウスのコラボレーションブランドです。


【ご購入前にお読み下さい】

・当店ではよりたくさんのお客様にご利用頂けるように実店舗在庫または、
 当店で把握しているメーカー様在庫も商品リストに
 含ませて頂いている商品もございます。

 その為、当店在庫切れの場合お取り寄せ後の配送となります。
 通常1〜3営業日で発送可能ですが、週末・連休を挟んでしまう場合や
 一部の商品につきましては5日間〜1週間程度お時間を頂く場合が
 ございます。

・在庫状況は流動的です。在庫の管理には万全を期しておりますが、
 店頭販売やメーカー様在庫状況の変化により売り違いとなり
 商品をご用意できない場合もございます。

・お届け指定日は1日後からご指定できますが、
 お住いの地域や在庫状況、
 定休日(土日祝日その他カレンダーをご覧下さい)により
 ご希望に添えることができない場合もございます。

 誠に恐れ入りますが以上の事をご理解いただきました上、
 ご注文ください。


価格
54,600円 (税込58,968 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
サイズ×カラー
363840
BLACK3日〜1週間で発送予定3日〜1週間で発送予定×
×・・・売り切れ
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

お問合せ先

ご契約に関するお問合せ

TEL:0476-32-6973 (業務部 業務グループ)
メールでのお問合せ: gyoumu@naaf.jp

技術に関するお問合せ

TEL:0476-32-7690 (技術部 技術管理グループ)
メールでのお問合せ: technical@naaf.jp

成田空港給油施設株式会社

〒282-0011 千葉県成田市三里塚字御料牧場 1-2 臨空開発第一センタービル7F
TEL. 0476-32-6000(代)
メールでのお問合せ. info@naaf.jp