Technology
development

特許・技術開発

当社は、成田国際空港開港当初から約40年、航空機給油施設の運用や保守点検等の業務に携わってきました。この経験を活かし、航空燃料の安定輸送のため、サービスの向上や効率化を実現する機器や装置の開発にも積極的に取り組んで来ました。ここではさまざまな分野で役立つ技術開発品をご紹介します。

2019-08-02
カテゴリトップ>3M各種フィルム>3Mウィンドウフィルム(ガラスフィルム)>プライバシー対策
3M ローザンヌ SH2EMLA 1016mm幅×30m】窓ガラスフィルム】ファサラ】おしゃれ】装飾】目隠し】飛散防止】日射調整】遮熱】UVカット


※上記は、宅配便での発送予定です。
※購入前の柄】色味確認・機能比較はサンプル帳が便利です。


日射調整飛散防止防犯UVカット防虫効果電磁シールド目隠しハードコート
断熱反射低減ロータック外貼り可空白
ローザンヌ
サイズ1016mm幅×30m
厚さ113μm(フィルム全厚剥離紙除く)
遮蔽係数0.94
日射熱取得率0.83
日射反射(%)8
透過(%)78
吸収(%)14
可視光線反射(%)9
透過(%)84
紫外線透過(%)0.1
熱貫流率(w/m2k)6.1
■ 遮蔽係数
3mm厚透明ガラスの日射熱取得率(0.88)を1とし、ガラスフィルムを貼付した場合の日射取得率の割合を表します。値が低いほど遮蔽効果が高く、冷房不可の低減に効果があります。
■ 日射熱取得率
ガラスに入射する日射を1とした場合、室内に流入する熱量(透過と室内側再放射の和)の割合を示す数値です。
■ 透過率・反射率・吸収率
UV(紫外線)や明るさ(可視光線)、暑さ(日射)の度合いを表しています。
●日射反射率の大きい製品は熱線反射タイプ、日射吸収率の大きい製品は熱線吸収タイプとなります。
●可視光線透過率は、室内に入る明るさの指標になり、50%以上であれば暗くなった感じはありません。
●可視光線反射率は、屋外外観の目安になり、高いほどミラー感が高まります。
●紫外線透過率が低いほどUVカット効果は高く、褪色を抑制します。
■ 熱貫流率
室内外の温度差に起因する熱の逃げやすさを見る指標です。温度差が1℃ある時、面積1平方メートルあたり1時間に抜けていく熱量を表しています。値が低いほど断熱効果が高く、暖房熱が逃げるのを防ぐ効果があります。


 【ローザンヌ SH2EMLA 1016×30m】装飾効果、目隠し、飛散防止、UVカット
価格
58,536円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
色・柄・素材について  
ご注意ください!!  
2〜4営業日以内にお届け※最短当日出荷OK
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

お問合せ先

ご契約に関するお問合せ

TEL:0476-32-6973 (業務部 業務グループ)
メールでのお問合せ: gyoumu@naaf.jp

技術に関するお問合せ

TEL:0476-32-7690 (技術部 技術管理グループ)
メールでのお問合せ: technical@naaf.jp

成田空港給油施設株式会社

〒282-0011 千葉県成田市三里塚字御料牧場 1-2 臨空開発第一センタービル7F
TEL. 0476-32-6000(代)
メールでのお問合せ. info@naaf.jp